水道料金の節約

タンクにペットボトルなどを入れる場合など、トイレのトラブルが頻繁に起こると言われていますので、注意をしてください。

そして、更に大便を流すのに、小のレバーをひくと必要な水流は得られないことになり、トイレのトラブルが簡単に起こってしまうようです。大多数のタンク式トイレでは必ずと言っていいほど大小レバーがついて、用途に応じて使い分けするようになっています。

もちろん大のレバーが小のレバーより水流が強く設定され、大のときには大で流すのがトイレのルールなのです。そのとき、あえて小がいいというモチベーションはやっぱり節水の意識からでしょうか。トイレの内部や排水管はみなさんが思うよりも複雑な構造であって、 ある程度の水流を確保できないと、結構簡単にトイレのトラブルを起こしてしまうものです。そのような可能性を抱えているから、確実に流れるために、水量があらかじめ調整されているというのに、節水という意識は、みなさんがそれを勝手に変えてしまうことになります。

みなさんは、水道料金の節約によって、得をしているのかもしれませんが、結局は、トイレのトラブルで業者に大金を支払いし、損をしていたということになってしまうかもしれません。そのようなことまで注意をしなければなりません。